相続税のこと誰に相談するのが一番いいの?

基本的には弁護士や税理士

相続税に関する問題は誰もがいつか考えることとは言え、機会が豊富にある訳ではありません。自分で色々調べる姿勢も大切ですが、その道のプロにアドバイスをもらうことも大切です。 基本的には弁護士や税理士に相談することとなります。弁護士は相続とは何か、仕組みに関する話を聞くことができ税理士は税金に関する数値的な話を聞くことができます。 もちろん、多少弁護士でも税金の数値的な話はできますがあくまでも法律の専門家なので考慮する必要があります。なので相続の手続きであれば弁護士、数値であれば税理士に相談し、可能であれば両者の話を聞くのも一つの手です。具体的に話を進めるのであれば有料ですが、無料相談も活用したいです。

経験者に聞くのも良い

弁護士や税理士などプロに聞くのも良いですが、相続を経験した方に聞くのも良いです。相続を経験すると相続税の納め方も分かりますし、後悔した点や改善点などが浮き彫りになるのでより中身の濃い話を聞くことができます。特に相続税の金額の大きさについては十分理解しておく必要があり、生前贈与など他の手段を考えることも大切です。 相続における失敗で多いのは遺言書の間違いや有無によって親族が揉めることなので、正しい遺言書の書き方や注意点はもちろん、もし遺言書が無効となってしまった時の対処法なども聞いておきたいです。親族が亡くなった時は精神的なダメージが大きくなり簡単な手続きすらできないこともあります。事前の準備なども含めて確認しておきたいです。