えっ!相続税がかかるの?

みなし相続財産って?

相続税とは、被相続人の財産を相続人などが引き継ぐ際に相続財産の価値に対してかかる税金です。 相続財産には現金、預貯金、土地などが含まれます。しかし、これら以外にも実質的に相続財産と同じ効果がある財産については「みなし相続財産」として相続税法上の課税財産に含まれます。主なものとしては「生命保険金」や「死亡退職金」などがあります。 生命保険金は「被相続人が保険料を負担していた生命保険契約」で相続人が保険金を受け取った場合、被相続人が負担していた保険料に相当する部分について課税対象となり、死亡退職金はもし被相続人が生きていれば退職金としてもらえたものであるとして、被相続人の死亡後3年以内に受け取ったものについて課税対象となります。

生前贈与にも相続税がかかる!?

相続税がかかるものとして他にも、「相続開始前3年以内に被相続人から贈与を受けた財産」があります。 これを生前贈与加算といいます。主な注意点としては、相続財産に加算されるのは贈与時の価格であること、贈与税の申告の有無に関わらず相続財産に加算されること、などがあります。 ただし、生前贈与時に納めていた贈与税は相続税から控除できますし、相続や遺贈では財産を取得していない人が贈与によって取得した財産は対象外となります。例えば、配偶者と子供だけですべての財産を相続したケースで、孫が相続開始前3年以内に被相続人から贈与を受けていても相続財産にはなりません。 また、生前贈与による相続税対策としては贈与税の配偶者控除(最高2,000万円の控除)や相続時精算課税制度(最高2,500万円の控除)などがあります。